自己破産をしていても車を取られない方法はあるの?体験談と解決策




自己破産をしているのに車を取られない方法はないかと悩みますね。

自己破産をしていると、やはり車は取られてしまうのでしょうか。

車が必要で取られてしまうとものすごく困ってしまうという場合、自己破産をしていても車を取られない方法が知りたいですよね。

自己破産をしていても車を取られない方法を知るために体験談と解決策をお送りします。

自己破産して車を取られない方法は?の体験談1

質問

自己破産で車を取られない方法が知りたいです。
現在、自己破産を検討しています。

仕事が営業のため車は必須なので自己破産をすることにより車がなくなってしまうのは大変困っているのです。

車は購入して5年弱ぐらいで、軽自動車です。

ローンは残り1年残っている状態です。
預貯金などはゼロなので再度安い車を買い直すことはできません。
頼れる親類や友人もいません。
社用車がない会社なので、ほんとうに車がなくなってしまうと仕事ができなくなってしまい、大変困ります。
しかし自己破産をしないと生活もできないため悩んでいるのです。

回答

ローンのある車は残せませんよ。

どうせ自己破産すると決めたのでしたら他の支払いを一切止めて車のローンだけを完済させるしかありませんね。
査定が低ければ車は残せますよ。
都会では自己破産をすると車は容赦なく取られてしまいます。

田舎は1台は残せるかも知れませんが・・・。
車が5年弱というのが微妙な点ですね。

自己破産をしようと決めたら支払いをしないでお金を貯めてまた車を買いましょう。

自己破産に際し、9年使用した車を取られない方法はある?の体験談2

質問

自己破産するつもりで考えています。

そこでそれにあたって財産の差し押さえとして9年使用した車も持っていかれてしまいますか?
通勤に使っているので取られてしまうと困ります。

車を取られない方法が知りたいです。

回答

自動車の査定価格によって異なりますね。

ローンが残っているかどうかによっても違います。

価値が20万円以下であれば、原則として残すことができますよ。

20万円以上の価値がある場合には持って行かれてしまいます。
残すためには第三者に買い取ってもらい、その人から借りて使用するという方法もありますね。
不当に安かったり、無料で贈与したりすると破産手続に影響しますが適正な金額で、代金を債権者への返済のために積み立てておけば、問題になることはないでしょう。

ローンが残っている場合も、第三者に引き取ってもらうことにより、残すことが可能ですよ。
これについては事前にローン会社と交渉して話を通しておきましょう。

自己破産で車を取られない方法の体験談3

質問

自己破産で車を残したいです。

自己破産をするのですが
現在自分名義になっている車があります。
親が現金一括で購入したものでローンは残っていません。

20万以下の査定であれば車を残せるということなのですが、確実に20万以上の査定になってしまいそうなのです。

住んでいる場所が公共交通機関の利便性が悪いこと、
病気療養中のため定期的な通院があり車がないと生活に支障がでる
障害者手帳3級を所持しています)

また親に自己破産したことをしられたくないために
絶対に車だけは手放せないのです。

これらの理由では車は残せないのでしょうか。

どうにか車を取られない方法を教えてください。

回答

一度査定してもらいましょう。

以外と20万円以下の査定となることがりますよ。

また車が無いと困るということについては、思いっきり裁判所に主張してください。上申書で行います。
通る例は、身体障害者で車で通院、これがベストですね。

隠しては、だめですよ。

自己破産をしても車を取られない方法は置かれている条件によってはありますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です