自己破産後に車を所有することはできるの?体験談と解決策




自己破産後に車を所有することはできるのかどうか悩みますよね。

自己破産後はやはり車を所有することはできないのでしょうか。

車がどうしても必要な生活しているときはどうしたら良いのか困ってしまいますね。

そこで自己破産後に車を所有するための体験談と解決策をお送りします。

自己破産後のローン残る車の所有はどうなる?の体験談1

質問

自己破産した後、車のローンと車はどうなるのですか? 所有し続けることはできないのでしょうか。

回答

ローンが残っている車は、ローン会社が回収することになります。
残債を支払わないのだから当たり前ですよ。

支払いが終わっている車に関しては資産価値が認められれば、売却して返済の一部に当てられることとなります。
20万円以下の価値の場合は所有できる場合があります。

自己破産して、財産を残せると思ったら間違いですよ。
自動車も財産の一部なので。

自己破産しても車所有できる?の体験談2

質問

破産して車が所有出来ないとの事ですが、資産価値で25万以内なら大丈夫と聞いたのですがどうなりますか?
また破産した後に資産価値として25万以内(販売額40万位?)の車を購入する。

親族な知人から譲渡してもらう事は可能ですか?

回答

自己破産の場合には20万円以上の財産価値がある物については、現金に換価して債権者へ分配することになっています。
自家用車の価値が20万円以上であれば当然処分されます。
自家用車の価値を調べる方法については、中古車買取店や自動車ディーラーで査定してもらい査定証を発行してもらうことになります。
ただし自動車の減価償却期間は非常に短く設定されており、初年度登録から10年以上経過しているような車の中古車価値はほぼ0円と査定される場合が多いですよ。

そのため10年以上前の年式の自家用車であれば査定を受ける必要もなく、
財産価値がない物とみなし所有できるケースが多いです。

通院、要介護で車が必要と認定された場合は所有が認められます。

しかし、仕事で必要などの理由では所有は認められませんのでご注意を。

両親が自己破産した時の子供の所有する車は?の体験談3

質問

両親が自己破産の手続きをしたとき、同居している成人の子供たちへの影響は?
子供たちの所有している車はどうなりますか?僅かな預貯金はどうなるのですか?

回答

両親が自己破産しても成人した子供が同居し個々の財産、車、預貯金に影響は有りませんよ。

 

自己破産後に車を所有することは難しいものの不可能ではないでしょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です