自己破産をした際に車がローン中だと所有し続けられない?体験談と解決策




自己破産をした際、車のローン中であると車は引き上げられてしまい所有し続けることはできなくなると聞くと悩んでしまいますよね。

自己破産をした場合、車がローン中だとどうなってしまうのか知りたいですね。

そこで車のローン中に自己破産をした場合の体験談と解決策をお送りします。

自己破産するとローン支払い中の車はどうなる?の体験談1

質問

自己破産すると、その時点でのローン支払い中の車はどうなりますか?

回答

車はローンの有無とその車の価値により変わりますよ。

ローンがある車は引き上げられます。

所有権がローン会社にあるので支払えなくなったら所持しておく権利が無くなりますよ。

ローンさえ払い終わっていれば、時価総額が20万円以下とみなされた車は所有し続けられますよ。

自己破産すると車は乗り続けられる?の体験談2

質問

自己破産する物件にくるまの、ローンも含まれているのです。

現在破産申請中です。

破産が確定するまで乗ることは 可能でしょうか。

回答

破産確定して車の売却されるまで乗ることができますよ。

個人の破産はすぐ確定するから時間はあまりないです。

自己破産するとローン中の車は手放す?の体験談3

質問

自己破産をすることになると、現在、ローン中の車を手放すことになりますよね。

手放した後から裁判所に破産申し立てするまでの間、20万円までの安い車なら現金で買えると言うのは本当なのでしょうか。

回答

買えますよ。

そもそも買う買わないになんの障害もありません。

おおよそ20万にもならないものは、換価する価値がないと判断されるので取り上げられません。とがめられません。

自己破産をしたらローン中の車は引き上げられてしまいますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です